情報BLOG

情報Blog最新記事一覧

KS-232 万能一軸試験機(土の一軸圧縮試験/CBR試験/モルタル圧縮試験/マーシャル安定度試験/アスコンの一軸圧縮試験)能力100kNの動画をUPしました!

製品ページ:KS-232 万能一軸試験機(土の一軸圧縮試験/CBR試験/モルタル圧縮試験/マーシャル安定度試験/アスコンの一軸圧縮試験)能力100kN
    ご質問等ございましたら下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ 06-6961-7637 メールでのお問い合わせ お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

→ 続きを読む

「デジタルコーンペネトロメーターα」NETIS(国土交通省 新技術提供システム)「VE評価(活用効果評価済み技術)」を取得しました!

(株)関西機器製作所の登録技術「デジタルコーンペネトロメーター」が、安定的活用効果の見込まれる技術と評価され、2022年4月7日付けで「VE」評価(活用効果評価済み技術)登録となりました。

「VE」評価となることで、NETIS登録番号が変更になります

KK-180022-A

KK-180022-VE

 

NETIS「VE」評価のメリット!

①NETIS登録技術が、従来の「A」評価から「VE」評価になることにより、公共工事における総合評価落札方式評価値の加算点の増加が見込めます。(※点数は地方整備局により異なることがあります) また、施工後の工事成績評定調査票の提出が不要となり、事務処理の負担が軽減されます。   ②NETIS掲載期間が10年間に延長され、上記メリットが長期にわたり利用できます。 ※NETISに関する情報は下記国交省HPから閲覧できます。 http://www.netis.mlit.go.jp/NetisRev/NewIndex.asp      

適応製品

【主な仕様】
型式 KS-228(製品ページへリンクします)
最大荷重 1000N
最小表示 1N
液晶表示(㎜) 文字高 12.7
電源 単4アルカリ乾電池×2
電池寿命 連続点灯3000時間
質量 2.7kg
外形寸法(㎜) W440×H105×D83
 
 

概要

①何について何をする技術なのか? ・粘性土、腐植土などの軟弱地盤に対してコーン貫入抵抗を調査するのに、測定装置として貫入ハンドルと荷重計を一体化し、上面パネルにデジタル表示による計測   ②従来はどのような技術で対応していたのか? ・粘性土、腐植土などの軟弱地盤に対してコーン貫入抵抗を調査するのに、測定装置としてプルービングリングを使用し、側面実装のダイヤルゲージによる計測   ③公共工事のどこに適用できるのか? ・粘性土、腐植土などの軟弱地盤に対して人力で静的にコーンを貫入させ、コーン貫入抵抗を求めることを目的とする調査に適用する。 ・建設機械のトラフィカビリティ判定に適用する。   ④ロードセルによる測定で、上面に測定結果をデジタル表示
申請技術 デジタルコーンペネトロメーターα構成 従来技術 コーンペネトロメーター構成
品名 本体   荷重計  
仕様 1kN デジタル荷重計 貫入用ハンドル付 ブルーピングリング 貫入用ハンドル
品名 ケース 格納箱
仕様 アルミ製ハードケース 木製ケース
備考 本体収納用 荷重計収納用
  ⑤測定結果の換算手間が不要で、荷重(N)、コーン指数(kN/㎡)を表示(貫入作業の軽減)
申請技術 デジタルコーンペネトロメーターα構成 従来技術 コーンペネトロメーター構成
 
貫入作業 貫入作業(及び荷重の測定) 1名 1名
貫入量測定 1名 1名
ダイヤルゲージ測定 1名
2名 3名
  ⑥申請技術・従来技術の共通構成表
品 名 仕 様 数量
ロッド 16Φ、500mm 9
先端ロッド 16Φ、454mm 1
先端コーン 先端角30゜、底面積645m㎡ 1
先端コーン 先端角30゜、底面積324m㎡ 1
スパナ大 1
スパナ小 2
ロッド携帯袋(ロッド収納用) 布製袋 1

⑦活用効果評価結果



NETIS(ネティス)とは?

NETISとは新技術の情報を共有・提供目的で整備されたデータベース

NETISとは「新技術情報提供システム」のことであり、新技術の活用を促すためにその情報を共有・提供する目的で整備されたデータベースです。 NETISの「申請情報」は技術開発者からの情報
NETISの申請情報というのは、技術開発者からの申請に基づいた情報のことをいいます。内容について、国土交通省、新技術活用評価会議で評価されたものではありません。申請情報のNETISの苦情などは、申請者が行うことになっており、国土交通省は責任を有していません。
  NETISの「評価情報」は国土交通省が評価をしたもの 一方、NETISの評価情報というのは、技術を活用した結果に基づいて、国土交通省や新技術活用評価会議が評価をした情報になります。 評価を受けるには、その技術が「直轄工事」などで活用されており、発注者と施行者が「活用効果調査表」を5件以上提出しなければなりません。5件以上の活用効果調査表が提出できれば、「新技術活用評価会議」にて評価されます。     NETISのVE評価は開発者にも施行者にもメリットがある NETISに登録してVE評価を受けると「活用効果評価済み」、すなわちその技術が活用効果を評価されているという証拠になります。 VE評価を受けることの具体的なメリットにはどんなことがあるのでしょうか。     評価で開発者が得られるメリット NETISに登録しVE評価を受けると、施工業者や発注者、コンサルタントなどに情報が提供されますので、その技術を活用される機会が増えていきます。また、公共工事で活用された場合、その効果が優れていると分かれば、「有用な新技術」として選定してもらえる可能性もあります。   施行者が得られるメリット VE評価がついている技術を採用し技術提案をすることによって、技術評価点向上の可能性がアップします。また、VE評価の技術を使い施行をすると、工事が完成したときに、発注者から採点される「工事成績表定点」に加点されるので、次回の入札で有利になる可能性もあります。 関西機器製作所は、これまで以上に技術力に自信を持ち、安心安全を心掛け製品づくりに邁進してまいります。 今後ともよろしくお願いいたします。
   

お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ 06-6961-7637 メールでのお問い合わせ お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

→ 続きを読む

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。  

<ゴールデンウィーク休暇期間> 2022年4月29日(金)~5月1日(日)・3日(火)~8日(日)

  ※休業期間中にお問い合わせいただきました件に関しては、5月2日(月)・9日(月)より順次ご対応させていただきます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

敬具

→ 続きを読む

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。   さて、この度社員研修の為、営業時間を下記の通り変更させていただきます。 お取引先の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう お願い申しあげます。

敬具

             変更日  令和4年4月22日(金)・4月28日(木)

             変更時間 9:00~15:00

                  ※当日出荷受付は12:00までとなります。

以上

→ 続きを読む

土の一軸圧縮試験機(土の万能試験機) CBR試験機/一軸圧縮試験機 能力100kNのご紹介

万能試験機は、 CBR試験法にもとづき貫入試験を自動でおこなうことができます。 土の一軸圧縮試験方法にもとづき、供試体の一軸圧縮強さを求めることができます。 ③スクリュージャッキを0.05~52mm/minの速度に設定して載荷試験ができます。 モルタル圧縮試験 マーシャル安定度試験 アスコンの一軸圧縮試験
【試験機本体】 【仕様概要】
載荷装置 ・圧縮能力100kN
電動スクリュージャッキ式
電磁クラッチで手動と電動を切替
・電動昇降式クロスヘッド
荷重計(ロードセル)  2、5、10、20、50、100kN+オートレンジ
変位計 アナログ表示付きデジタル型 2式 0.01~30mm
加圧治具 ・球座付加圧盤
・CBR用貫入ピストン
・マーシャル用球座付ピストンおよびテストヘッド
・ダイヤルゲージホルダー
表示機器(PC) ・載荷装置の操作
・試験方法の選択および試験条件の設定
・各試験結果の表示および記録
・試験結果の編集
記録出力ソフト ・PCで荷重と変位のトレンドを表示
・データ取り込み、試験記録ファイルの作成
重量 約350kg
寸法 幅759mm×奥行734mm×高さ1778mm
電源 3相200V 15A

【試験方法】
試験名 載荷速度 試験終了条件 試験記録 生データ
高強度の土の一軸試験 JIS A 1216準拠 JIS A 1216準拠 JIS A 1216準拠 荷重および変位
CBR貫入試験 JIS A 1211準拠 JIS A 1211準拠 JIS A 1211準拠 荷重および変位
安定処理土の一軸試験 JIS A 1216準拠 JIS A 1216準拠 JIS A 1216準拠 荷重および変位
モルタル圧縮試験 0.05mm/min(一定) 最大荷重の90% 応力時間線図 荷重時間線図 変位時間線図 荷重および変位
速度変更可 終了荷重変更可
マーシャル試験 50mm/min(一定) 最大荷重の90% 荷重ひずみ線図/安定度フロー値 荷重時間線図 変位時間線図 荷重および変位
速度変更可 終了荷重変更可
アスコンの一軸試験 0.05mm/min(一定) 最大荷重の90% 応力時間線図 荷重時間線図 変位時間線図 荷重および変位
速度変更可 終了荷重変更可
  [caption id="attachment_14149" align="alignleft" width="700"] 高強度の土の一軸圧縮試験画面[/caption]   [caption id="attachment_14151" align="alignleft" width="700"] 成績書作成画面[/caption]  

お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ 06-6961-7637 メールでのお問い合わせ お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

→ 続きを読む

ベアリング寿命試験装置 回転数20,000rpm 高温恒温室付のご紹介

●インナーハウジングを設けているので、数種類のベアリングをテストできます ●圧縮バネを緩衝材としてベアリングにラジアル負荷をかけることができます ●熱電対により、ベアリングの温度を測定します ●モーターの電流値を測定して、トルク変動を検知できます ●振動計を取付ているので、ベアリング不良の振動を検知できます ●PCを付帯させて試験記録のトレンドをリアルタイムで表示するとともに試験結果の記録も容易です ●熱風発生器によりベアリングを昇温することが可能です(※冷凍機を付帯させれば冷却することも可能です)
【機器の構成】
試験機本体 駆動モーター(3.7kW)、中間軸受、駆動軸受、試料軸受
回転数 200~20,000rpm
安全カバー(恒温室兼用) 常温~200℃
熱風発生器 5kW 350℃
計装機器 回転計、熱電対9個測温抵抗体、振動計2個荷重計10kN
 

お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ 06-6961-7637 メールでのお問い合わせ お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

→ 続きを読む

今日は、無病息災を願い、毎年恒例の鏡開きをしました。

本来であれば、今年は1月11日が鏡開きでしたが、業務の都合上、本日開催しました。


朝から、コトコトとお鍋で小豆を柔らかく煮て、3時の休憩に、皆で美味しく頂きました。 大好評で大量につくったおぜんざいがあっという間に無くなりました^^; 1年が健やかで幸多い年になりますように。 コロナに負けず、今年も頑張りましょう(^^)/

→ 続きを読む

平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。   旧年中は新型コロナウイルスの影響の中、皆様より沢山のご支援ご協力を賜り   有難く厚く御礼申し上げます。   従業員力を合わせて信頼にお応えできるよう努めてまいりますので   本年もこれまで同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。       株式会社関西機器製作所

→ 続きを読む

KS-205-D 土の一軸圧縮試験機ソフトウェアのご紹介

  • -試験データの取り込み
  •  ~成績書の作成までの作業が簡単に-
 
    • "土の一軸自動圧縮試験機シリーズ"


      10kNが追加されました。

土の一軸自動圧縮試験機のオプションとして、試験データをパソコンに取り込み、JIS A 1216 に準拠した成績書を作成するアプリケーションをご提供できます。
お客様のニーズに合致したアプリケーションに変更することも可能ですのでご相談ください!!


   
   NEW    
KS-205-C 土の一軸自動圧縮試験機 能力5kN KS-205-D 土の一軸自動圧縮試験機 能力10kN KS-227-A 土の一軸自動圧縮試験機 能力50kN KS-227-B 土の一軸自動圧縮試験機 能力100kN
※自動運転以外に安価な電動式等もございますのでご相談ください。  
      • 1 試験データの取り込みは、USBケーブルでPCと接続して、専用アプリケーションを開くだけ!
     
      • 2 試験機の試験開始、終了と連動して、記録開始 ~ データ保存までを自動で行います。
     
      • 3 試験データを成績書の表示形式(※1)に変換。
        あとは手順に沿って入力&ボタンを押すだけ。
     
      • 4 成績書は『表紙』、『強度,変形特性』、『初期状態,軸圧縮過程』の3つで構成。
     
    • 5 標準仕様として、データ取り込みのみのソフト(※2)もあります。【アプリケーションソフト】
      項目 標準仕様 OP仕様
      機能 試験データ取り込み 試験データの取り込み~成績書作成
      データの取り込み方法 手動、自動 自動
      記録間隔 100msec、1sec、5sec、10sec 100msec
      データ出力形式 csvファイル csvファイル
       
    • 【対応スペック】
OS Windows10 バージョン1703以降
Windows8.1(更新プログラム 2919355を適用)

Windows Server 2012 R2(更新プログラム 2919355を適用)
Windows7 SP1(最新のWindows Updateを適用)
ハードウェア 1.8GHz以上のプロセッサ、クアッドコア以上を推奨
データ出力形式 1920×1080
  ※カタログのダウンロードは下記をクリックください

土の一軸圧縮試験機ソフトウェア_A3_211215(約5MB)

お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ 06-6961-7637 メールでのお問い合わせ お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

→ 続きを読む

株式会社関西機器製作所は下記の期間を年末年始休業日とさせていただきます。   12月24日(金) 9:00~15:00 ※出荷受付は午前中迄となります。 12月27日(月) 通常営業 12月28日(火) 9:00~15:00 ※出荷業務はございません。   2021年12月29日(水) ~ 2022年1月4日(火) 休業日   1月5日(水) 9:00~15:00 ※出荷受付は午前中迄となります。 1月6日(木) 通常営業     ※年内のお電話でのお問い合わせ受け付けは12月28日(火)までとなります。 ※休業期間中にいただきましたお問い合わせは1月5日(水)より順次対応させていただきます。   皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。   本年中は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございました。 皆様のご多幸をお祈り申し上げます。   株式会社関西機器製作所

→ 続きを読む

12345...10...
  • 製品動画をYouyubeでチェック
  • 無料お問い合わせ
  • デジタル総合カタログ
  • よくある質問
  • 情報ブログ
  • 独自の検査機器についてはこちら
  • ロータップ篩振とう器の詳細はこちらから
  • 土の一軸自動圧縮試験機の詳細はこちら
  • デジタルコーンペネトロメーターの詳細はこちらから
  • 当社JCSS校正部門は国際MRA対応の現地校正を行うJCSS認定事業者で、JCSS193は認定番号です。