情報BLOG

KS-205-C 土の一軸圧縮試験機(能力5kNデジタル型)自動式のご紹介

JIS A 1216「土の一軸圧縮試験方法」にもどづき、供試体の一軸圧縮強さを求めることができる試験機です。

 電動スクリュージャッキ型の試験機で、自動と手動の運転が可能で、自動運転ではPLCが試験終了条件を自動で判定します。

電磁クラッチを採用しているため、軽いハンドル操作での載荷が可能です。

また、試験結果をリアルタイムで確認することもできます。

 締固めや科学的処理によって改良を加えた改良土の一軸圧縮強さを求めて、改良の効果や改良地盤の安定性を評価するなどの目的で使用できます。





情報ブログ用LANケーブル&PC

<仕様概要>

型式 KS-205-C
載荷装置 電動スクリュージャッキ式(電磁クラッチ使用)

セレクトスイッチで手動と電動を切替

荷重計 ロードセル 容量5000N
荷重表示 タッチパネル
変位計 デジタル型

測定範囲0-30(mm)

変位表示 ダイヤル

タッチパネル

支柱間隔 200(mm)
上部加圧盤 φ110(mm)
下部加圧盤 φ150(mm)
運転方法 ・手動

・手動電動操作

※タッチパネルで速度設定可能

・自動

※自動運転はJIS A 1216の試験終了要件に準ずる

電源 AC100(V)
異常警報 各異常をタッチパネルに表示
荷重値と変位値の記録 ・PCにトレンドを表示、測定値をCSV形式ファイルで保存

・試験記録ドキュメント作成ソフト

  • 無料お問い合わせ
  • デジタル総合カタログ
  • おすすめ商品についてはこちら
  • よくある質問
  • 情報ブログ
  • 独自の検査機器についてはこちら
  • ロータップ篩振とう器の詳細はこちらから
  • 温度ログ機能付き恒温水循環装置サーモログプラスの詳細はこちらから
  • デジタルコーンペネトロメーターの詳細はこちらから
  • 当社JCSS校正部門は国際MRA対応の現地校正を行うJCSS認定事業者で、JCSS193は認定番号です。