情報BLOG

KC-339 テーブルバイブレーター(リニューアル)のご紹介

日本工業規格 JIS A 1132『コンクリートの強度試験用供試体の作り方』に基づいた製品です。

供試体作成用型枠を鋼製振動台上に置き、型枠に上下振動を与えて、コンクリートを締め固めるものです。

二次製品製作の締め固めに使用し、作業効率を上げるのに最適な機械です。

 

 

KC-339-B_2

従来は振動起振部に1個の振動モーターを設置していましたが、今回のリニューアルで振動モーターを2個に増設し、 より安定した振幅が得られるようになりました。








<仕様>

振動数 2410vpm/50Hz 3470vpm/60Hz
振幅 1㎜
電動機 200V  330W×2
電源 3φ3W(3相) AC200V  5A

Ⓐテーブル寸法  450mm×450mm
Ⓑテーブル寸法  450mm×600mm
Ⓒテーブル寸法  600mm×600mm
Ⓓテーブル寸法  450mm×600mm(インバータ付)
ケーブル長 3m(標準)

関連規格:JIS A 1132『コンクリートの強度試験用供試体の作り方』

製品情報:KC-339_テーブルバイブレーター

  • 無料お問い合わせ
  • デジタル総合カタログ
  • おすすめ商品についてはこちら
  • よくある質問
  • 情報ブログ
  • 独自の検査機器についてはこちら
  • ロータップ篩振とう器の詳細はこちらから
  • 温度ログ機能付き恒温水循環装置サーモログプラスの詳細はこちらから
  • デジタルコーンペネトロメーターの詳細はこちらから
  • 当社JCSS校正部門は国際MRA対応の現地校正を行うJCSS認定事業者で、JCSS193は認定番号です。