情報BLOG

KC-252 振動台式コンシステンシー試験機インバータ付きのご紹介

    • 舗装用コンクリートのコンシステンシーを測る試験装置です。
    • 振動起振部には2個の振動モーターを設置していますので、安定した振幅が得られます。

 





【試験機本体】

仕様画像
インバータ



<仕様概要>

振動数 1500rpm インバータ 27.1Hz
前振幅 約0.8mm
容 器 内径240mm  高さ200mm  金属製
コーン 上端内径150mm 下端内径200mm 高さ227mm
円 板 透明アクリル製 滑り棒付 全質量1kg
  • 無料お問い合わせ
  • デジタル総合カタログ
  • おすすめ商品についてはこちら
  • よくある質問
  • 情報ブログ
  • 独自の検査機器についてはこちら
  • ロータップ篩振とう器の詳細はこちらから
  • 温度ログ機能付き恒温水循環装置サーモログプラスの詳細はこちらから
  • デジタルコーンペネトロメーターの詳細はこちらから
  • 当社JCSS校正部門は国際MRA対応の現地校正を行うJCSS認定事業者で、JCSS193は認定番号です。