情報BLOG

JSCE-F 512 高流動コンクリートの漏斗を用いた流下試験方法

KC-135 V型ロート試験装置

KC-210 ストレートエッジ(オプション)

KC-58 ストップウォッチ(オプション)

☆粗骨材最大寸法が25mm以下の高流動コンクリートの粘性を評価するためのコンクリートの漏斗流下時間を測定する装置です。
☆ステンレス製のため、錆の心配がありません。
☆吐出口の底蓋はバネを用いたレバーロック式のため、瞬時に開口できます。

仕様

V型ロート試験装置 ステンレス製
①吐出口 65mm×75mm
挿入口 500×75mm
②吐出口 75mm×75mm
挿入口 490×75mm
吐出口が2種類あります。
ストレートエッジ 300mm
①ステンレス製、②ベーク製
ストップウォッチ 最小0.01秒
  • 無料お問い合わせ
  • デジタル総合カタログ
  • おすすめ商品についてはこちら
  • よくある質問
  • 情報ブログ
  • 独自の検査機器についてはこちら
  • ロータップ篩振とう器の詳細はこちらから
  • 温度ログ機能付き恒温水循環装置サーモログプラスの詳細はこちらから
  • デジタルコーンペネトロメーターの詳細はこちらから
  • 当社JCSS校正部門は国際MRA対応の現地校正を行うJCSS認定事業者で、JCSS193は認定番号です。
  • ISO 9001