情報BLOG

土の転圧試験装置のご紹介

転圧した土を可視化する試料をつくる装置です。

圧縮するアクチュエータはエアシリンダを採用しており、圧縮力はロードセルで測定出来ます。

精密減圧弁で転圧の圧力を調整します。

転圧ヘッド(扇形)はストロークさせて土を転圧します。

構成

<仕様概要>

エアシリンダー φ100mm ストローク 100mm
圧力計 0~1.0Mpa
試料容器 内容積 70×250×150mm
減圧弁 0.014~0.84Mpa
ロードセル 能力5kN
  • 無料お問い合わせ
  • デジタル総合カタログ
  • おすすめ商品についてはこちら
  • よくある質問
  • 情報ブログ
  • 独自の検査機器についてはこちら
  • ロータップ篩振とう器の詳細はこちらから
  • 温度ログ機能付き恒温水循環装置サーモログプラスの詳細はこちらから
  • デジタルコーンペネトロメーターの詳細はこちらから
  • 当社JCSS校正部門は国際MRA対応の現地校正を行うJCSS認定事業者で、JCSS193は認定番号です。