情報Blog:ホワイト企業認定を取得しました!

情報BLOG
働き方の多様性が求められている昨今、弊社は労務管理問題等に社内制度の改善に力を入れ「フレックスタイム」「プレミアムフライデー」の制度を導入するなど、理想に近いワークライフバランスの実現に勤めてきましたが、これまであまり社外に発信することが出来ていませんでした。
常に社員一人一人のことを考え「働きやすい会社」であることのアピールとして、近年「ホワイト企業認定」というものが注目されるようになってきたことも受け、この度ホワイト企業認定審査を受けることとしました。
認定を受けるまでの工程に、WEB審査や根拠書類の提出、仮認定/書類審査等、多々工程を踏みましたが、株式会社 関西機器製作所は、2022年7月1日に一般財団法人日本次世代企業普及機構(以下、ホワイト財団) が認定する「ホワイト企業認定」を無事取得致しました。

ブロンズ_2022年認定マーク

ホワイト財団の考える「ホワイト企業」とは、いわゆる世間で言われている「ブラック企業ではない企業」ではなく、人々がいきいきと働ける、「家族に入社を勧めたい次世代に残していきたい」企業を指します。

ホワイト企業3要素

そのようなホワイトな企業を総合的に評価する認定制度です。

 

下記の7つの項目から評価され、各ランク認定は、ホワイト企業で取り組むべき70設問を7つの指標に分け、総合的に判断評価されます。

ホワイト企業7つの指標

認定ランクは「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」「レギュラー」があり、この度当社はブロンズランクを取得しました。

 

また、7つの項目の中でも、この度弊社は“ビジネスモデル/生産性”の点で高い評価を受けました。
これは、

●自社で行うビジネスが、高い安全性・安定性を有し長期永続が可能である。
●また、生産性向上の施策を積極的に行いビジネスをさらに推進させている。

という取り組みに高評価を頂けた事になります。

 

近年、少子高齢化に伴う人材不足などを背景に、近年ダイバーシティ&インクルージョンは企業経営の重要な要素に位置づけられていることもあり、SDGsの取り組みとしても進めている、“ダイバーシティ&インクルージョン”を社員一人一人が意識的に取り組める環境を更に整えていけるように活動してまいります。

  • 製品動画をYouyubeでチェック
  • 無料お問い合わせ
  • デジタル総合カタログ
  • よくある質問
  • 情報ブログ
  • 独自の検査機器についてはこちら
  • ロータップ篩振とう器の詳細はこちらから
  • 土の一軸自動圧縮試験機の詳細はこちら
  • デジタルコーンペネトロメーターの詳細はこちらから
  • 当社JCSS校正部門は国際MRA対応の現地校正を行うJCSS認定事業者で、JCSS193は認定番号です。