情報BLOG

ベアリング寿命試験装置 回転数20,000rpm 高温恒温室付のご紹介

●インナーハウジングを設けているので、数種類のベアリングをテストできます
●圧縮バネを緩衝材としてベアリングにラジアル負荷をかけることができます
●熱電対により、ベアリングの温度を測定します
●モーターの電流値を測定して、トルク変動を検知できます
●振動計を取付ているので、ベアリング不良の振動を検知できます
●PCを付帯させて試験記録のトレンドをリアルタイムで表示するとともに試験結果の記録も容易です
●熱風発生器によりベアリングを昇温することが可能です(※冷凍機を付帯させれば冷却することも可能です)



【機器の構成】

試験機本体 駆動モーター(3.7kW)、中間軸受、駆動軸受、試料軸受
回転数 200~20,000rpm
安全カバー(恒温室兼用) 常温~200℃
熱風発生器 5kW 350℃
計装機器 回転計、熱電対9個測温抵抗体、振動計2個荷重計10kN

20000回転対応軸受試験機01
20000回転対応軸受試験機02-2

20000回転対応軸受試験機03

 

お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ 06-6961-7637
メールでのお問い合わせ お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

  • 製品動画をYouyubeでチェック
  • 無料お問い合わせ
  • デジタル総合カタログ
  • よくある質問
  • 情報ブログ
  • 独自の検査機器についてはこちら
  • ロータップ篩振とう器の詳細はこちらから
  • 土の一軸自動圧縮試験機の詳細はこちら
  • デジタルコーンペネトロメーターの詳細はこちらから
  • 当社JCSS校正部門は国際MRA対応の現地校正を行うJCSS認定事業者で、JCSS193は認定番号です。