情報BLOG

【特許申請中】CBR試験の貫入ピストン

業界初! 簡単に60㎜アジャストする貫入ピストン

情報ブログ(貫入ピストン)1

手動で簡単にアジャストできるため、試料の入替に要していた時間を大幅に短縮できます

※既存の装置に取付が可能な様にジョイント部を変更できます

 

路盤地盤の支持力を確認するために考えられた貫入試験の一種として、CBR試験があります。

 

CBR試験では、貫入ピストンは固定されており、貫入試験においては、載荷装置が上昇することにより、供試体と貫入ピストンを密着させ、その後貫入ピストンを供試体に貫入させていきます。

 

載荷装置の載荷能力は50kN以上とされており、非常に負荷が大きく、また、1mm/minの一定速度で貫入させる必要があることから、貫入量を制御しやすい反面動きが遅いスクリュージャッキ等を使用して上昇及び下降させることが多く、そのため、貫入試験の時間が非常に長くなるという問題点がありました。

 

上記課題を解決するために、本発明の貫入ピストンは、軸体と、軸体の側面に突設された取手部、係合部材を設けることで貫入ピストンを上下に動くスライド機構に変更したことにより、貫入試験中に発生する大きな負荷に耐えることができ、かつ貫入ピストンの移動時間の削減を可能にしました。

 

製品ページ:KS-56-2b_アジャスト式貫入ピストン

関連製品ページ:KS-75_土の万能試験機 CBR/一軸圧縮 100kN 

関連製品ページ:KS-56_CBR試験機室内型(スクリュージャッキ式)50kN 

関連製品ページ:KS-59_CBR試験電動式載荷装置

関連製品ページ:KS-60-A_CBR試験2本柱式載荷装置 最大能力50kN

関連製品ページ:KS-60-B_CBR試験2本柱式載荷装置 最大能力100kN

お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ 06-6961-7637
メールでのお問い合わせ お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

  • 無料お問い合わせ
  • デジタル総合カタログ
  • おすすめ商品についてはこちら
  • よくある質問
  • 情報ブログ
  • 独自の検査機器についてはこちら
  • ロータップ篩振とう器の詳細はこちらから
  • 温度ログ機能付き恒温水循環装置サーモログプラスの詳細はこちらから
  • デジタルコーンペネトロメーターの詳細はこちらから
  • 当社JCSS校正部門は国際MRA対応の現地校正を行うJCSS認定事業者で、JCSS193は認定番号です。