情報BLOG

【別作】NEXCO型 加振変形試験機のご紹介

お客様のご要望により、標準品 KC-370_加振変形試験機 NEXCO型 の振動板を900㎜×900㎜に設計変更し、中央部で最大加速度を約40m/s²を確保した、オーダーメイド型加振変形試験機です。

 

 

別作_加振変形

<仕様>

準拠規格 NEXCO 試験法 733
棒状バイブレータ ・振動数:220 ~ 250 Hz
・振動部:φ 32 mm
・電 源:AC 100 V 280 W
機械寸法 W 1,150 × D 900 × H 470 mm (振動板 900 × 900 mm)

 

お問い合わせ先お電話でのお問い合わせ 06-6961-7637
メールでのお問い合わせ お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
  • 無料お問い合わせ
  • デジタル総合カタログ
  • おすすめ商品についてはこちら
  • よくある質問
  • 情報ブログ
  • 独自の検査機器についてはこちら
  • ロータップ篩振とう器の詳細はこちらから
  • 温度ログ機能付き恒温水循環装置サーモログプラスの詳細はこちらから
  • デジタルコーンペネトロメーターの詳細はこちらから
  • 当社JCSS校正部門は国際MRA対応の現地校正を行うJCSS認定事業者で、JCSS193は認定番号です。