情報BLOG

【オーダーメイド設計】人の出入り可能な『大型恒温室×ロサンゼルス試験

お客様のご要望により、恒温室内でカンタブロ試験が可能な大型恒温室を製作致しました。

低温恒温室内は、-20℃ ~20℃±1.5℃で温度制御が可能な仕様となっています。



タッチパネルは、LEDバックライトを採用した、大きく見やすい液晶タッチパネルとなっており、回転数や温度設定などの複雑なプログラム運転も簡単に操作手順を見ながら操作できるため、機械操作が誰にでも扱いやすくなっております。
また、試験中の異常は警報でお知せし、各種対処方法が表示されます。



片開扉は、扉開閉検出用センサ設置で、扉が閉まっていることをセンサーが検知し、電磁ロックをスライドさせないと試験機は運転しないため、安全面にも配慮した装置です。


blog用カンタブロ

【仕様概要】

≪低温恒温室≫

室内温度自動制御 -20~20±1.5℃
恒温室 1800×1800×2170
外装ステンレス鋼板、内装アイボリー鋼板、不燃パネル使用
片開扉700×1800(開口寸法) 電磁ロック設置、扉開閉検出用センサ設置
冷凍機 2kW -30~-5℃
熱風発生機 5kW 室外設置
温度計(熱電対) ロサンゼルス試験機部に設置
白熱灯キースイッチ、手元灯設置





≪ロサンゼルス試験機≫

ドラム回転数 12~34rpm
回転数の変更可能
ドラム内径 φ710mm ± 5mm
ドラム内側長さ φ510mm
ドラム板厚 14mm
モーター 0.75kW 200V
※モーターおよびベアリングは寒耐仕様
※モーター惰性回転検出用の停止検知ユニット設置

 

お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ 06-6961-7637
メールでのお問い合わせ お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

  • 無料お問い合わせ
  • デジタル総合カタログ
  • おすすめ商品についてはこちら
  • よくある質問
  • 情報ブログ
  • 独自の検査機器についてはこちら
  • ロータップ篩振とう器の詳細はこちらから
  • 温度ログ機能付き恒温水循環装置サーモログプラスの詳細はこちらから
  • デジタルコーンペネトロメーターの詳細はこちらから
  • 当社JCSS校正部門は国際MRA対応の現地校正を行うJCSS認定事業者で、JCSS193は認定番号です。