情報Blog:※製品情報をアップデートしました※【KC-396 鉄筋曲げ試験機 300kN】

情報BLOG

KC-396 鉄筋曲げ試験機 300kN


鉄筋曲げ詳細

 

鉄筋コンクリート用棒鋼の曲げ試験をはじめ、JIS Z 2248(金属材料 曲げ試験方法)に規定する各種金属材料の押し曲げ法による屈曲試験ができます。

●押込最大容量:300kN
●載荷ストローク:250mm

 

【主な仕様】

最大曲げ荷重 300kN / 横方向反力最大 200kN(横方向ラム)
載荷ストローク 最大250mm
棒鋼受台
・ローラー直径 φ50mm
・ローラー幅 160mm
・ローラー間隔 20~250mm 最大D38mm / H250mm
・押し棒とローラーの間隔 最大50mm
シリンダー昇降方法 載荷・除荷レバースイッチ
寸法 W1500×D550×H1700
質量 約1100kg
  • 製品動画をYouyubeでチェック
  • 無料お問い合わせ
  • デジタル総合カタログ
  • よくある質問
  • 情報ブログ
  • 独自の検査機器についてはこちら
  • ロータップ篩振とう器の詳細はこちらから
  • 土の一軸自動圧縮試験機の詳細はこちら
  • デジタルコーンペネトロメーターの詳細はこちらから
  • 当社JCSS校正部門は国際MRA対応の現地校正を行うJCSS認定事業者で、JCSS193は認定番号です。