情報BLOG

他社製マンホール圧縮試験機のレトロフィット

他社製マンホール圧縮試験機において、試験荷重の測定精度が悪いため、改造および整備を実施致しました。

 

befor   after

             before                              after

 

試験機の改造内容

①動力計の更新

アムスラー式の動力計をデジタル式の動力計に更新。

動力計の仕様は下記のとおり。

制御盤(タッチパネル) 測定レンジ 3レンジ(1000, 500, 250kN)

・タッチパネルでレンジ切り替え
試験力表示 タッチパネル表示(表示単位:kN)

・荷重値、最大荷重値、時間-荷重グラフを表示
試験力表示精度 指示値の±1%以内(JIS1級)
オーバーロード 測定レンジの105~110%で油圧ポンプ停止
ロギング機能 最大21試験

ログ内容:年月日、最大荷重、荷重レンジ
ログ内容外部保存 SDカード
撮影画面表示機能 試験結果をタッチパネルに表示
安全装置 各レンジ荷重上限

ラムストローク下限

電動機サーマル異常
操作盤 押しボタンスイッチ

通電ランプ
ポンプONボタン/OFFボタン
表示盤(大型目盛盤) 最小目盛

指針分解機能

指針チェック機能
1/1000

5000パルス/FS

アナログ指針校正









































































 

 

②試験機本体の整備

1.シリンダーピストンおよびチューブの摺合せ加工

※チューブに疵あり

①-1シリンダーピストンおよびチューブの摺合せ加工

 

2.シリンダー上部に圧力変換器を設置および配管継ぎ手の敷設

※動力計をデジタル式に更新するためシリンダー圧力を測定する変換器を設置

①-2シリンダー上部に圧力変換器を設置および配管継ぎ手の敷設

 

 

3.シリンダー摺動部に油圧中圧がかけることができるように改造

シリンダーチューブに穴加工およびシリンダーと動力計間に配管を敷設。

①-3シリンダー摺動部に油圧中圧がかけることができるように改造

 

 

4.オーバー作動油の返油配管を敷設

シリンダーからのオーバーフロー作動油をタンクへ返す配管を敷設。

①-4オーバー作動油の返油配管を敷設

 

5.老朽化したウエイト吊り下げワイヤーおよび滑車の整備

・ワイヤー及びワイヤークリップの更新

・滑車軸受の整備

①-5ウエイト吊り下げワイヤーおよび滑車の整備

 

6.シリンダーストローク検出用リミットスイッチ更新

①-6シリンダーストローク検出用リミットスイッチおよびブラケット更新

 

7.錆ケレンおよび塗装

①-7錆ケレンおよび塗装