情報BLOG

製品の特長

スランプ試験を行う際のお悩みを解決!スランプ試験用水平調整台

スランプ試験機(KC-126:コンクリート試験機)を用いてコンクリートのスランプ試験方法(JIS A 1101)コンクリートのスランプフロー試験方法(JIS A 1150)を行う際に、適当な場所が見当たらないことはありませんか?
「デスク上で行うにも不安定でなかなかレベルが出ない」「フロー試験を行える場所を確保したけれど段差があり正確に測定できない」など、様々な状況でスランプ試験を行う際にお困りのことがあると思います。

この度関西機器製作所では、そのような声を解消するために、スランプ試験用の水平台をご準備いたしました。

スランプ試験用水平調整台のポイント

3点アジャスター機能!

3点にアジャスター機能が備わっている為、多少の段差を回避することができます。
アジャスターは、手動で回転させることで、約60mm上下するので大変扱いやすくなっています。

水平マグネットも付属!

スランプ試験用水平調整台には、水平器マグネットが付属しているので、アジャスターで調整しながら、心配な水平レベルを確認して頂けます。

その他にも、スランプ試験の副品として、
・スランプハット(KC-126I)
・スランプコーン用ロート(KC-128)
・スランプマット(KC-367)
 各サイズ(600mm用・800用・900用)
などの便利用品も取り扱っています。

1辺は最大900mmまで延ばせます!

水平調整台の1辺の長さは最小短縮時の770mmから、最大900mmまで延ばすことが出来るので、さまざまなスランプ試験に最適です。
左の写真ではスランプ試験用台板600mm×600mmを載せてみました。

製品構成と仕様

主な仕様

品名 スランプ試験用水平調整台
材質 鋼製
耐荷重 約100kg
形状 三角形(3点スクリューアジャスター付)
1辺の長さ 最小短縮時 770mm
付属品 水平器(マグネット式)
品番:KC-126x
製品カテゴリ コンクリート試験機器
規格番号 JIS A 1101
JIS A 1150
試験方法 コンクリートのスランプ試験方法
コンクリートのスランプフロー試験方法

関西機器製作所では皆様のご意見をカタチにします。

関西機器製作所では、当社で製造・販売している各種試験機器、検査機器に関するお客様のご意見に真摯に耳を傾け、
常により良い製品をお届けできる様、新製品の開発・製造や、既存製品の見直し、スペックの変更を行っております。
これからも新製品やスペック変更した各種試験機器、検査機器などをご紹介していきますので今後もご期待ください!

スランプ試験用水平調整台、スランプハット、スランプコーン用ロート、スランプマットなどいずれも絶賛発売中です。在庫状況・販売価格等は弊社までご連絡をお願い致します。

お電話でのお問い合わせ 06-6961-7637
メールでのお問い合わせ お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

無料お問い合わせ